メッセージ

会長からのメッセージ

勤務先を探している歯科医師の皆さんへ求職中の皆さんへ

歯科医師の成長と育成について

昭和50年以前、歯科医師は歯科大学を卒業後、すぐに開業することは普通のことでした。平成15年の研修医制度の導入以前も卒業して30歳前後で開業することは、めずらしくありませんでした。それは、学生の時から患者に接する機会に恵まれていたからに他なりません。

しかし、現在では研修医義務化により実質的に歯学部7年制になり、さらに多くの大学では、研修医に割り当てられる患者さんも少なく、治療中断率も高いのが現状です。その結果、学生実習、研修医を通してひたすら見学とアシストを繰り返したに過ぎず、臨床経験はほとんどなく社会に放り出されることになります。

すると不思議なことを言う若手歯科医師が増えてきます。「ある有名な先生のもとで見学させてもらっています」「親のところで勉強しています」など、国家資格をもったプロが、「見ることが仕事です」と当たり前のように話すことになるのです。こういった歯科医師と一緒に診療してみると、チェアサイドで最初から後ろ手を組んでいるのです。このことは、学生時代からの習慣の見学スタイルが身についてしまっているからでしょう。

歯科医師免許を取った時点で、歯科臨床のスキルセットを身につけて、現場で活躍できなければおかしいはずです。少なくとも歯科医師が診療室で腕組みをしていては、患者さんからもコ・デンタルスタッフからも信頼されることはありません。

ここで実践的なスキルを身につけるために興味深い話を紹介しましょう

1万時間の法則で知られ、熟達化科学の第一人者であるアンダース・エリクソン博士は「超一流になるのは才能か努力か?」という著書の中で、いろいろな調査の結果、能力の差は練習の差で生まれるという結論を出しています。また雑誌 『ニューヨーカー』のライターとして活躍しているマルコム・グラッドウェルは、著書「天才!成功する人々の法則」という本の中で、たいていの分野では達人の域に到達するには1万時間の練習が必要だと述べています。“1万時間”というのはわかりやすい数字ですが、調査によっては3,000時間から1万時間と幅があります。要はエリクソンは、人は数百時間の練習でも確実な技術の向上が認められることを伝えたいのです。

このようなことからも、若い歯科医師が頻繁にセミナーに参加することや著名な歯科医師のもとで見学就職をしたりすることが、歯科医師の成長に結びつくとは考えづらいのです。その証左が臨床現場での“腕組み歯科医師”の実態です。むしろ見学や名ばかりハンズオンセミナーばかりでは、成功への遠回りになるのではないでしょうか。

歯科医師は卒後数年間の現場感覚のあるハードなトレーニングこそが、臨床家としての成功への確実な前進に繋がるのです。

自らの手と頭を使った実際的な臨床医を育成

当法人では患者さんが通常の歯科医院より多く来院しますから、実際の臨床をもとに自らの手と頭を使った実際的な臨床医を育成できる環境です。

求人誌には“毎日を楽しく一緒に仕事がしたい”といったコピーを散見しますが、決して当法人は楽しいばかりの職場ではありません。学生時代のサークル活動やアマチュアではないのですから、プロになるための厳しさが求められる職場です。
音楽家でプロデューサーのつんくは、モーニング娘のメンバーに、「仕事が楽しくない」と言われた時に、「楽しい仕事なんてない、どう楽しむかだけ」と答えたそうです。
私もその通りだと思います。

“毎日を楽しく一緒に仕事がしたい”というコピーと同様に“生涯付き合える仲間に出会おう”もよく目にするコピーです。本当にそうでしょうか?仕事ができるようになるにつれ、付き合う仲間は変わります。むしろ、いつまでたっても同じ仲間と同じステージでワイワイやっているようではいけないと思います。

当法人は臨床家としてのステージをあげたい歯科医師には、最適な環境を用意しています。現在は臨床力に自信がない若手歯科医師、著名な歯科医師の元で学んだけれど手が動かない歯科医師の方は、当法人でプロの歯科医師に成長してみませんか。

分院長からのメッセージ

上里スマイル歯科分院長の古川良作です。上里スマイル歯科は2015年11月にイオンタウン上里にオープンし、2年が経過しました。ユニット台数4台からスタートした当院は、おかげさまで爆発的な成長をとげ、ユニット8台となるにとどまらず、医院拡張を予定しています。

人口減少が緩やかに始まっている世の中でコンビニより多い歯科医院は過当競争にさらされています。歯科は医療職であるのは大前提ですが、技術職であると共に接客業の側面も持ち合わせる特殊な職業です。満足に治療の経験を積めないままでいると、年数ばかりが経過して免許だけの歯科医師となってしまうことは世代を移るほどに顕著になっています。実にもったいないことだとは思いませんか?

患者さんのニーズも多様化する中で、利便性は絶対に外せない大きな要因です。ショッピングモールの中に開業した当院は、その患者さんのニーズやライフスタイルに合致したため、実に多くの方にご来院頂いています。

しかし、患者さんは決して練習台ではありません。しっかりとした知識・技術を身につければ、多くの患者さんからの「ありがとう」が集まるやりがいのある医院です。恵まれたこの環境を活かして、一緒に成長する仲間となりましょう!

歯科医師からのメッセージ

よりよい歯科医療を提供できるよう、一緒に頑張っていただける歯科医師を募集します。

当医院は、これまでに得てきた知識を生かし、経験を身につけることができる場です。

さまざまなご要望をお持ちの患者さまに対応し、歯科医師として仕事で成果をあげていくのは大変です。

テストや勉強と違い、正しい方程式はありません。

スキルや経験を積むために専門学校やセミナーに通うのも必要な案の一つでしょう。

しかし、確実に実力が身につくのは、万事において実践の場です。

無意味に課題を増やし目標から遠のくことのないよう、実際に手を動かし、目の前にある仕事に一つずつ真剣に取り組む。その積み重ねが自身の力を上げる一番の近道となります。

歯科衛生士からのメッセージ

DH黒川

私が当院を選んだ理由は、幅広い分野を学べる環境と、福利厚生の充実に魅力を感じたからです。

1日の患者数が多く忙しい日々ですが、様々な症例を診れますし、新しいことにもどんどん挑戦できて、スキルアップできます。

私は途中入社ですが、小田倉会に就職して得たものが最も大きく、日々やりがいを感じています。

正社員だと週休3日に加え、初年度10日の有給ももらえます。シフト制で、事前に希望を出せば連休も取りやすい環境です。休みが多い分、私は独身の頃は習い事や旅行を楽しめたし、結婚後も家事と仕事の両立ができ、プライベートも充実しています。オンオフ切り替えて、自分らしく生活できる、働きやすい環境だと思います。

衛生士としてスキルアップしたい方、プライベートを充実させたい方、小田倉会で一緒に楽しく働きませんか?

まずは気軽に見学にいらしてください。

先輩歯科衛生士から

私が当院を選んだ理由をお話ししたいと思います。
実際に働いてみて感じたのは、当院の多様な勤務形態が自分のライフスタイルを輝かせてくれるということです。

実際の当院の働き方を紹介してみます。

  • アルバイトとパートは週半日から
  • 常勤は週40時間変形性
  • 短時間正社員制度

と様々な形態で働くことが可能です。最近ではワークライフバランスとよく言われていますが、働く女性にとって実際に当院ぐらいのバリエーションがないと実現は難しいのではないかと思います。

福利厚生制度も充実しています。

健康保険・厚生年金・労災・雇用保険はもちろんですが、保養施設(リゾートトラスト)を利用することもできます。

医院は、すべて商業施設内にあり安全で安心な立地です。

クリニックは明るく開放的なインテリアで、患者さんはもとよりスタッフの水平感染を防ぐために万全な消毒滅菌体制を整えています。

ソフト面では、研修中は先輩スタッフが優しく指導してくれます。

ランチミーティングで風通しの良いコミュニケーションが保たれ、定期的な食事会や打ち上げも行われています。
そのためプライベートでもスタッフ全員が仲の良いことが自慢です。

歯科衛生士・助手・受付ごとのスキルアッププランも整備されています。

仕事を続けたい女性をサポートする結婚・産休・育休後の復職プランも用意されています。

当院で一緒に“望んだ自分になる”未来プランづくりをしませんか。